読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gone home 感想 (ネタバレあり)

・久しぶりに実家に帰ってきた主人公が屋敷をうろちょろして、もぬけの殻になった理由を探るアドベンチャー

・プレイ時間は2時間ほど。最初はホラーっぽい雰囲気だが、ホラー要素は意外と少ないので苦手な人も出来る。ホラーは興味を引くためのフックで、本題はティーンエイジャーかつ同性愛者である妹サムの葛藤。

・屋敷を探索するのがゲームプレイのメインだが、探索は易しい。

・引き出しを開けて妹サムや両親が隠している書類を見つけるのが楽しい。家族の秘密を覗き見る体験ができる。それにしても、あちこちの引き出しをひっくり返して秘密の手紙やらなんやらを見たとなると、家族が返ってきたとき気まずくなったりしないんだろうか。

・サムが同性愛者であることをカミングアウトしたとき、ただ「否定」だけが返ってきた、という点が怒られるよりもつらいんじゃないかと思う。(親の頭で)理性的に考えてその結論を下したわけだから。